映画観ました「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

IMG_2838

というわけで、観てきました「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」。

前作ハリウッド版2014年の「GODZILLA」は、個人的に超お気に入りで、その時の感想はこちらにあります。その後、BDは国内盤の限定版に加え、海外のスチールブック版を米国から購入したくらい好きです。

前作は画面が暗い、なかなかゴジラが登場せず出し惜しみしている、人間ドラマは要らないとの意見もありましたが、私はすごく好きで、今回も期待大で楽しみにしていました。

今回はキングギドラ、モスラ、ラドンと、ゴジラ以外に複数の怪獣が登場することが既にわかっていたため、それらをどうまとめるのか気になっていました。昭和ゴジラではたくさんの怪獣が出たことで個々にキャラクターを持たせ、更に子供向けになってしまいました。ハリウッド版でそれは無いと思いましたが、少し心配もしていました。

IMG_2857

と、未見の方もいらっしゃるので、毎度のようにネタバレせずに簡単な内容と感想を書きます。

物語は前作でゴジラの闘いに巻き込まれ、息子を亡くした両親と妹の家族を中心に話が進みます。息子を亡くし、その後の考え方の違いから両親は離婚。その妻と娘がある事件に巻き込まれ、それをきっかけに怪獣たちが暴れまくることになります。

また、前回ゴジラが暴れ人類にとって甚大な被害が発生したため、ゴジラを殺すべきか共存するべきかの議論がされています。さらに、芹沢博士(渡辺謙)が怪獣を秘密裏に研究している組織「モナーク」は、他にも怪獣の存在を隠しているのではないかという疑念を持たれながら活動しています。怪獣は台風や地震のように、訪れてしまえば人間側からは手も足も出ない存在。人類と怪獣は共存が出来るのか…。

全体を通しての感想は、VFXテンコ盛り! アクションのボリュームあり過ぎ(良い意味で)! です。ゴジラに加え、キングギドラ、モスラ、ラドンが登場し闘うシーンも多く、それらは人間にとっては災害のようなもなのでパニックシーンが多いとも言えますが、期待を裏切ることなく今回も大満足の内容です!

また、前作ではゴジラが登場するまで数十分かかっていましたが、今回は序盤で登場します。一切出し惜しみはありません。夜や雨のシーンが多いので、前作同様暗いシーンが多いですが、巨大怪獣の重厚な存在感にはピッタリです。

特に今回は複数の怪獣が世界各国で現れるため、世界中の都市が壊滅状態になります。世界各地荒らされまくりで、もう人類は再起不能やん!てほどの状態になります。もう再建するの諦めようくらいの状態で…。ですが、次作へ繋がります。これから観る方は、エンドロールの終わりまで席を立たないようにしましょう。

そんな感じで、心配していた子供よりの方向性は全く無く、ちゃんと大人向けで楽しめました。ただ、世界各地に話が移るので場所を把握しながら観るのが大変でした。また、アクションシーンが多くそちらに目が奪われがちで、観終わった後「あの人はあの後どうなったっけ?」とストーリーを忘れてしまいそうになることもありました。

あと、前作の時はゴジラの特製ドリンクホルダーが劇場で販売されていましたが、今回はそういった劇場ならではのグッズがなく残念です。とか言いながら、パンフレットは特別版と通常版の両方を購入。発売されたらBDも買いますね、これは(笑)。

IMG_2953


The Art of Godzilla: King of the Monsters