カテゴリー別アーカイブ: ネットショップ運営

ネットショップはGW対策を急ぎましょう

2019gw

今年のGWは10連休。大手企業に勤めている人だけが10連休かと思ったら、サービス業以外カレンダー通りの出勤の、多くの方が10連休に当てはまるようです。

休みが続いて嬉しい反面、ネットショプ運営では警戒が必要です。というのも、多くのショッピングサイトでは、連休が続くと売上が落ちる傾向にあるからです。

連休は人の意識がネットよりも外へ、アウトドアへ向かうため、リアル世界での出費が多くなりネットでのお買い物は減ってしまいます。

超特大の10連休ともなると、かねてから予定していたレジャーや帰省、来客などリアルな行事への意識が強くなります。それら情報を得るためにネットは利用しますが、買い物目的のアクセスは全体として減少します。

昔に比べるとネットで物を買うことも一般化したので、大きな変化はないと思われるかもしれません。

確かに、日用品など消耗品をネットで買うことが多くなりましたが、そういった利用は送料サービスを展開できるAmazonやヨドバシ.comなどの超大手です。それら巨人には大きな影響は出ないかもしれませんが、ファッションやグルメ、家電や家具など「非日常」の商品を扱っている中小ショップは、同じく非日常の10連休と競い合うことになります。

なにか手を打たなければなりませんが、先に述べたように買い物目的のアクセス数が減るため、ネットショップが連休に合わせてキャンペーンを実施しても、なかなか結果に繋がりにくいです。

ではどうするのか? ズバリ、GW前にキャンペーンを展開しましょう。

10連休はリアルな出費がかさみ、その後はどうしても財布の紐がきつくなります。その前の4月上旬〜中旬にかけて買い物をしてもらえるようキャンペーンを実施しましょう。

もし、ネットショップの他に実店舗がある場合は、連休をチャンスに変えることができます。連休中は人の移動が増えるため、実店舗に足を運んでもらえるよう、店頭で利用できるクーポンを発行したり、サービスを受けられる合言葉などリアルなキャンペーンを展開するとよいでしょう。

その場合、告知にはTwitterやFacebookなどSNSを使います。特にTwitterは旅先で「今の状況」を調べることが多く即時的な訴求ができるため、近くにお得なお店があるとわかれば、直接の来店に繋げることが出来るかもしれません。