カテゴリー別アーカイブ: 世間話

コンビニは便利!に間違いありませんが…

2月末、近所にローソンがオープンしました。この店は自宅から歩いて約1分程度の、最も近いコンビニです。今どきコンビニがオープンしても大した話題ではないかもしれませんが、自宅周辺はここ数年コンビニの開店ラッシュです。

今の場所に住み始めたのは、15年ほど前。当時、近所のコンビニはデイリーだけでした。近所で唯一のコンビニで、駅から自宅までの間にあったためよく利用していました。

↓約15年前のコンビニの状況。
2015_15

しばらくするとガソリンスタンドが潰れてサンクスができ、大手銀行の合併で撤退した跡地にローソンができ…、という具合に出店が相次いで、今では自宅から徒歩5分圏内に8店舗のコンビニがひしめき合っています。

↓現在の状況
2015

最近はオリジナルチキンやドーナツなども充実していて、これだけコンビニが多いと食べ比べをしたり、おにぎりの割引セールをしている時に狙って、店を選ぶことができるのですごく便利です。

コンビニは便利!であることは間違いありませんが、数が増えすぎると不便な点もあります。それはお弁当の種類です。意外とどの店に行っても、お弁当の種類が充実していません。

私は学生時代に、ローソンでバイトをしていました。オーナーとも親しく、コンビニの仕入れや発注のことなど、経営に関する話もよくしていて、その中で聞いた話です。

お弁当はコンビニの商品の中でも、最も利益率が高いものの1つです。ですが、日持ちしないため賞味期限が切れて廃棄する場合、その費用はオーナーが被らなければなりません。そのためお弁当の仕入れは慎重になり、売れ残りを避けるため、数量を抑える傾向になりがちです。昔の話なので若干状況が違っているかもしれませんが、仕入れて売るスタイルは同じなので、今でも似た状況でしょう。

コンビニへお弁当を買いに行ったら、思ったほど種類も数もなかった、売り切れていた、という経験ありますよね?オーナーの気持ちを考えるとわからないでもありませんが、利用する側からするとガッカリするし、「あのコンビニはお弁当が充実していない」との印象を持つ場合もあります。コンビニの本部からは前回の数量を上回る仕入れを推奨されているものの、オーナーとしては売れる数量が伴わないと、仕入れ数を簡単に増やすわけにはいきません。

私もネットショップの運営に関わっているため痛いほどわかりますが、品揃えは増やしたいものの売上が伴わないとなかなか踏みきれません。ニワトリが先か、タマゴが先かといったところです。

でも、オーナーとしても「売れるタイミングを逃す」ことはしたくなく、売り切れも怖いものです。「在庫があれば、もっと売れていたのでは…」とも考えるのが商売人です。もし、近所のコンビニのお弁当を充実させたいなら、その店で積極的にお弁当を買い、売り切れの状況を作り続ければ、徐々に充実していくかもしれません。


やせたいならコンビニでおでんを買いなさい