カテゴリー別アーカイブ: 映画

映画観ました「カメラを止めるな!」

しばらく更新しない間に11月…。

さて、先日映画「カメラを止めるな!」を観ました。て、もう公開終わっているのですが、終了直前のレディースデーにヨメさんと一緒に。

余談ですが、ムスメが小6になって手が離れるようになったので、夫婦二人で出かけやすくなりました。

で、映画の感想ですが、面白かったです! 事前にテレビやネットで面白いとの前評判で、私自身のハードルが上がっていたにも関わらず面白かった。

内容はゾンビ映画の撮影中に…、と語りたいところですが、この映画は内容には触れることができません。テレビでも予告編が流れていて雰囲気はわかると思いますが、あれは序盤も序盤で、もっといろんな事が起きるのですが、触れるわけにはいきません。

まだ未見の方は、今後ビデオか何かで観ることになると思いますが、何も情報入れずに観るのがオススメです。というか、ストーリーを知ってしまうと、この映画の9割が面白くなくなります。

もう、BD、DVDの発売がアナウンスされているので、Amazonへもレビューが載っています。

「カメラを止めるな! [Blu-ray] (Amazon)

それを見ると、面白かったという感想と、つまらなかったという真逆の感想に割れているのですが、その状況も分からないでもないです。

要は映画に何を求めるかで、映画の世界観へ没入したい、出演者に感情移入するくらい入り込みたい、観終わって何か考えさせるような、映画で一つの人生を観たくらいの内容を求める人には、つまらなく感じるでしょう。

そうではなくて、映画で楽しみたい、楽しませてほしいというライトな映画も受け止めることができる人には面白いと思います。

別に、前者が映画のヘビーユーザーで後者がライトユーザーというわけではありません。どちらも、映画好きなユーザーであって、求めるものが違うという話です。簡単に言うと好みの問題です。

観た人ならわかると思いますが、伏線が効いていなかったら文句言うし、伏線を回収したらそれじゃ単純と、どちらでも文句を言う人はいますからね。

なので、「カメラを止めるな!」は観る人を選ぶと思いますが、ライトに仕上げた制作サイドの映画に対する愛を感じさせる内容です。

IMG_1548

後日、映画の展覧会にも行ってきました。こちらは規模も小さく薄味でしたが、それなりに楽しめました。


カメラを止めるな!【Blu-ray】