カテゴリー別アーカイブ: 展覧会

Cygames 背景美術展

IMG_3143

7月の話です…w

去る7月14日から19日にかけて、大阪芸術大学の芸術情報センター1階の展示ホールで「Cygames 背景美術展」が開催されていました。

これは、Cygames制作のゲーム背景の展覧会で、「グランブルーファンタジー」「Shadowverse」「プリンセスコネクト!Re:Dive」の3タイトルから150点以上の作品が展示されました。

私は芸大で非常勤講師をしているので、開催期間中に担当授業があり授業の合間を縫って観ることができましたが、開催期間が6日間と非常に短く、場所も大阪市内から遠い大阪芸術大学内での開催、更に他への巡回予定がないと、ある意味で幻の展覧会(?)でもありました。

そのような特殊な状況で開催されたのには訳があって、一般向けというよりはゲーム業界へ就職を考えている芸大の在校生や、芸大受験生向けに催されたと思われます。「思われる」というのは関係者に聞いたわけではないので多分です。実際、期間中にはCygames社員によるポートフォリオの相談や、オープンキャンパスの日程に併せて開催されていましたからね。

IMG_3147

作品はゲームのファンタジーな世界感に没入できる壮大なイメージの絵ばかりで、ゲーム背景ではあるものの風景画としても十分成り立つクオリティです。壁にかけられた大きな画面で迫力もあり、ずっと眺めていたくなります。会場レポートがこちらにありますので興味のある方は御覧ください。

撮影が許可されていたのは上の一枚だけ。なんと! これは今回の展覧会のための描き下ろし! 完成までのプロセスがYouTubeに上がっています。

この短期間と限られた場所にも関わらず、今回のためだけの図録と団扇、オリジナルの手提げも作られています。大学としてはPRの目的もあるわけですが、他へ巡回しないのが勿体ないくらいです。図録はCygamesのネットショップでも販売されています。

IMG_3146

大阪芸大にはデザイン学科やキャラクター造形学科があり、それら学科からゲーム業界へ進む生徒が居ます。昨年は、デザイン学科で副手をしていた女の子もCygamesへ就職しました。

私が受け持つデザイン学科でも、一回生で既に自分のスタイルを持ってイラストを描けている子も居ますし、イラストは描けるけどデザインが苦手なので、イラストコースではなく敢えてグラフィックデザインコースを選ぶ子も居て、目的意識をしっかり持った生徒も多いです。

そんな生徒たちにとって、自分が通っている学校でこのような展覧会が催されるのはとても刺激になったことでしょう。というか、こんな手厚いフォローをしてもらって単純に羨ましい…。



グランブルーファンタジー ヴァーサス プレミアムボックス【限定版同梱物】- PS4