クーポンサイトの費用対効果

昨年の10月以来、久しぶりに散髪をしてきました。もう3~4年ほど髪を切るお店は同じ。担当の方も同じで安心してお任せできます。

しょっちゅう行っているわけでもないため、予約のために電話番号をネットで調べました。すると某クーポンサイトに、その行きつけの美容室が載っていました。クーポンの他、ブログやオススメのスタイリングも紹介されていて、なかなかの充実ぶり。

お店に行って、担当の方に「○ッ○○ッ○ー」のサイトを見たことを伝え、そのサイト経由でクーポンを利用してどの程度のお客が来るのか聞いてみました。

すると、「掲載費用を考えると、そう多くはない。」とのこと。具体的な掲載金額や人数は伏せておきますが、一人をお店に招くために5~6千円ほどかかっていました。しかもやってくる人はクーポン利用なので、普通なら1万円以上のカット、カラーを6千円代でやるので、ほとんど利益はないそうです。

それでもリピーターになってくれればメリットはありそうですが、そういうお客さんに限って一回限りで終わるのがほとんど。クーポンの割引率を下げると、パタッと反応も無くなるらしく、クーポンサイトへの掲載は痛し痒しのようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>