講師業再開(既に)

更新しなさすぎ…。

というわけで(?)、この春から講師の仕事を復活しました。

IMG_6398

一時は専門学校、社会人向け、たまに出張講習と、講師としての業務に比重が高かった時もあったのですが、ある時期からほとんどやっていません。自ら断ったというわけでもなく希望も減っていましたし、他の業務もあったので自然消滅的に…。

そんな中、教授をされている大先輩デザイナー先生からのご紹介で、この4月から大阪芸術大学のデザイン学科で非常勤講師を始めました。講師のお話しは、2年ほど前から頂いていましたが、カリキュラムの都合上、今年度からのスタートです。

授業の内容はPhotoshop、Illustratorをメインとしつつ、デザインに必要となるアプリケーションの操作で、印刷やWebとの関わりを中心に進めています。ですが、仕事では動画に関する知識も求められることが少なくないので、限られた時間数でどこまで取り上げるのか、生徒達の反応も踏まえつつ考えながら進めています。

私の担当は2回生で、彼らが社会へ出るのは3年後。他の先生方とも話すのですが、デジタルの世界は流れが速いので、今教えた技術が3年後にどの程度役に立つのか誰にもわからないんですよね。学校側からも、ココからココまで教えてほしいというような、ハッキリとした範囲の指定はありません。その辺りは外で仕事をしている立場から、現場の空気を踏まえながら柔軟に対応する必要がありそうです。

DSC00351

授業は週二回、金土に行っているため、週休二日では無くなりました。開始から2ヶ月が過ぎ、だいぶペースも掴めてきましたが、事前の授業準備も必要で、年齢を重ねたせいか昔よりも疲れが取れにくく、日曜はお疲れ気味です。

あと、大阪芸術大学は私の母校でもあるので、特に緊張感もなく行けていますが、妙なモヤモヤ感もあります。学生時代、何かイヤな思い出があったわけではないものの、青臭い青春時代を思い出すことがあるからです。そんなモヤモヤを抱かずに済むようになるには、もう少し時間がかかりそうです。


大阪芸術大学 大学漫画 22


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>