タグ別アーカイブ: スマホ

さほど衝撃がなかったアップルの新製品(個人的に)

昨日、アップルからiPhone6Apple Watchなどの新製品発表があったので、個人的な雑感を。

○iPhone6

iPhone6はiPhone5Sよりも画面が一回り大きく4.7型になったiPhone6と、さらに大きな5.5型のiPhone 6 Plusが発表されました。画面が大きくなるかも、もしかするとサイズ違いで2種類出るかも、という噂はネット上でも以前からあったので、意外な感じはしませんでした。

デザインに関しても後になってみると、かなり正確なモックや図面の情報が出回っていたので、正式発表後にも驚きはありませんでした。いや、事前に出回っていたデザインがイマイチと思っていたので、そのままだったので違う意味での驚きはありました。本当にこれが最終だったんた!て感じで。

iPhone5系は、その前のiPhone4系から少し高さがサイズアップした程度で、デザイン面での違いは大きくありませんでした。その前の丸みのあったiPhone3G系から、エッジが立ったiPhone4系へに変わった時はかなり違和感を感じてたんですよね。

今回のiPhone6への変化も、似たような違和感を持っています。おそらくこれは見た目の慣れの問題だと思いますが、それくらいiPhone5系のデザインがここ数年間は、アイコン化しているのでしょう。

実物を観ていないのでなんとも言えませんが、大型化してスリム化して丸みを帯びたせいで、他社のAndroidスマホのような佇まいを感じるんですよね。先代と比較してiPhoneとしては新鮮かもしれませんが、スマホとしてはどっかで観たような雰囲気。

もっとも違和感を持っているのが、上部と下部の(パーツが分かれている?)ライン。ネットでは形状が「D」に似ているので「Dライン」とも呼ばれている部分です。

iphone6

おそらくはアンテナと外装の干渉を避けるために施された処理なのでしょうけど、な〜んかラインが目立ち過ぎというか、必要以上に装飾的に感じられます。Apple製品のデザインは無駄なものを削ぎ落したミニマムなものが多くて、残っている部分には必要性を理論的に説明ができるものがほとんどです。それに対してこのラインは、アンテナの関係があったとしても、もう少し違うやり方があったんじゃないだろうかと。技術のためにデザインし、コダワリのために技術を生み出してきたアップルなら、もうちょっと違う方法があったように思います。

まあ、先に書きましたが慣れの問題で、数ヶ月するとこれがiPhone!となるんでしょうけどね。

○Apple Watch

こちらに関しても以前から、出る出ると噂されていて満を持しての登場だったものの、個人的にはどうかな〜という感じです。

ユーザーインターフェイスなど、先行しているサムスンなどのスマートウォッチ等とは一線を画するアップルらしさを感じるものの、本体のデザインは比較的平凡に感じます。見た目で次世代を感じさせるワクワク感はなく、先進的だからといって身につけたとしても奇抜で恥ずかしさもない実用性を重視した感じ。誰でも持ちやすいけど、持ちたい!と思わせる強い欲求も湧きにくいといったところでしょうか。

そもそも一般の人は日常的に腕時計ってしてるんでしょうか? 携帯やスマホが普及して以降、それらで時間の確認ができるため、腕時計の出荷数は落ちていると聞きます。ロレックスなど、ステイタスシンボルとしての、高価な腕時計を購入する層は依然と存在するでしょうが、時間がわかればなんでもOKよ、と思っている私のような層だと、今更腕時計と言われてもピンときません。

実際、私自身は携帯を持つようになった15年以上前から、腕時計は一切していません。アップルに限ったことではありませんが、スマホと連動したガジェットであったとしても、ポケットからすぐにスマホが取り出せるのに、腕に何かを巻いて歩くのは面倒に感じます。

先のステイタスシンボルとしての腕時計は、購入すると一生モノにもなりえます。それに対してApple Watch(に限らず他社のスマートウォッチも)は、あくまでもデジタルガジェットであって、1〜2年で技術が古くなって身につけたくなくなる存在です。私のような腕時計を持たない層への訴求は弱く、高級腕時計を求める層にも受入れられず、購入する層は限られていそうです。それとも新たに、数年で買い換える腕時計カテゴリーを築くことになるのでしょうか。

気になるのは、Apple WatchはiPhoneと連携してメールを読んだり調べ物ができる、iPhoneありきの製品であるところ。Apple Watchを単体で持っていても、その機能を充分に活かすことはできないわけで、購入するのはiPhoneを持っているユーザーが前提です。となると、今までに無かった何かを提供するとは感じられず、ここでもワクワク感を持てないのです。今後クルマと連動するとか、スマホ以外の機器やサービスとの繋がりが出てくると面白いのかもしれませんが。

さらにバッテリーの持ちも気になるところ。普通の腕時計なら2〜5年程度持つものもありますが、おそらくApple Watchはスマホに比べても本体が小さく、バッテリーサイズも小さいので、せいぜい1〜2日でバッテリー切れになるでしょう。時を刻むだけの腕時計と、スマホ並みに多機能なApple Watchとを比較するのは酷ですが、またバッテリー切れを気にしなければならない機器が増えるのか、また出張では専用のケーブルを持参しなければならないのかと思うと腰が引けます。

以上、iPhone6,Apple Watchに対する極めて個人的な雑感です。私自身はiPhone5Sの2年縛りの、まだ1年目なので買い替えはありません。きっと1年後はiPhone6Sが出るでしょうから、その頃には見慣れて魅力的なiPhoneに感じているのかもしれません(笑)。


がっかり力 (アフタヌーン新書)